トップページ > ブランド
1871年にフランツ・デトレフとウイリアム・ゲーベルによって設立されたスペインのリヤドロと並ぶ世界的に有名な高級ラグジュアリー人形陶磁器ブランドです。
最初の工場は、ドイツ・バイエルン(コーブルク)近くに1878年に開窯し、1905年頃には米国向けに輸出していました。
特にフンメル人形は、アメリカではミリオンセーラーとなっています。
旧西ドイツの歴史ある伝統的なメーカーで、精巧・優雅なドレスデンスタイルの置物や手作りの鳥、花瓶、灰皿等の作品で繁栄しました。
起源は、1904年に設立された「Neue Porzellanfabrik e.G.m.b.H」です。
製品の底にある4桁の数字は、モデル番号で、セット製品の底にある、/Aは男性、/Bは女性を表しています。
1814年にカルル・フッチェンロイターによって創業されたドイツが誇る名窯で、創業以来、伝統を重んじ「人間の手に勝る技術・機械は存在しない」という信念を貫き、数百人の手を経て白磁が完成され、絵付け作業は手作業にこだわっています。
欧州クラシックとモダンを表現した素晴らしい作品が多く存在しています。
1879年、フィリップ・ローゼンタールがドイツ南部・バイエルン州のエアースロイト城に絵付け工房を開いたのがローゼンタールの始まりで、1891年には良質の陶土を求め、ドイツ磁器生産の中心地ゼルプに工場を設立し、瞬く間にヨーロッパを代表するメーカーになりました。
“アートのある暮らし”をコンセプトに、新しいデザインを発信しています。
オーガスタ・オルビスが1872年にドイツ・バイエルンで設立した会社で、ウイル・オルビスとジョージ・カイザーが1928年に参加してから陶磁器メーカーとしてスタートしました。
現在は、ドイツ・バイエルンのバート・シュタッフェルシュタインという「マイン川上流の神の庭」と称えられる美しい風景に囲まれた場所にあります。
ワーグナー&アペルは、1877年にドイツのチューリンゲン州に創業し、動物や人形などの置物を製造しました。
その後は、何度か社名を変更し、1972年には国営企業となっています。
1990年の東西ドイツ統一後に創業者に変換され、「Porzellanfabrik Wagner & Apel」として再開します。
約300年前に欧州で初めて硬質磁器を生みだしたドイツの名窯で、名実ともに西洋白磁の頂点に君臨しています。
1710年、ドレスデンに「王立ザクセン磁器工場」が設立され、これが現在の「国立マイセン磁器製作所」の始まりになります。
1763年、国王フリードリッヒによって創立された名窯です。
第二次世界大戦時に空爆で工場が被災しましたが、ゼルプの工場で生産は続けられました。
KPMのマークで、杓のマークの下にある「赤いオーブ」は、KPMで絵付けされたものです
コルテンドルフ、グレフェンタール。ジッチェンドルフ、ヘキスト、フォルクシュッテット、ウンターヴァイスバッハ、ファゾルド&ステウチ、ロイヤルヴィエナ等